自分でやるのは意外とめんどくさい

親戚が壊れて乗らなくなった車を廃車にしたのですが、車の廃車には2つの種類があるんですね。

 

てっきり廃車というと解体してリサイクルする作業だと思っていました。

 

車の廃車には2つの方法があり、「永久末梢登録」と「一時時末梢登録」があるそうです。永久抹消登録とはほとんどの場合、一般的なイメージの車を解体することを指します。

 

永久登録とは正式名称は道路運送車両法15条末梢登録といい、これを行うと日本の公道を走ることが永久的に不可能になります。

 

 

解体した後に陸運局で手続きをする必要があるのですが、手間ですが自分で行えば無料で手続きが出来るそうです。

 

 

一時抹消登録とはその名の通り、車を使用することを一時的に出来なくすることで、この登録をしている期間は車を公道で走らせることは不可能ですが、この期間は自動車税や自賠責保険を支払う必要がありませんので、長期の海外出張や入院など、長期間車を使うことがない人はその期間に税金や保険を支払うことは無駄ですのでこの登録をしておくといいそうですよ。

 

 

ちなみに親戚の車は動かなくなっており、使うこともないので永久抹消登録をしたそうです。

 

 

業者に頼んだそうですが、意外にもリサイクルすることでお金になるらしく、手続きの費用がかかるどころか、少しお金が手に入ったそうです。廃車でお金が手に入るなんて不思議な感じですよね。